手のジストニア(書痙)を持つママのプチ日記です。ジストニアの妊娠・出産・育児の続き編です。


by coconut_pudding21

<   2009年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

赤ちゃんほしい病

長男の保育園のお友だちのうちに
続々と赤ちゃんが生まれて
抱っこさせてもらったり、あやしたりしてるうちに
また赤ちゃんがほしくなってきちゃった。

それに、ブログ友の1人が5人目の赤ちゃんを生んで
ちょっとうらやましくなり・・・。

大騒ぎして生んだ次男も早いもので2歳になり
まだ赤ちゃんの面影はあるものの
すでに、幼児。

赤ちゃんではない。

赤ちゃんを生み終わったら始めようと思っていた書痙の治療も
すでに順調に進んでいるので、今から引き返すことはできないし
(いや、その気になったらいつでも治療はやめられるんだけど)
赤ちゃんがすんなり授かる体で、
あと5歳若かったら、

という条件がそろえば、がんばるんですけど。

でも、こんな条件劣悪な私に2人も赤ちゃんがやってきたことは
感謝に感謝、神様のおかげです。

赤ちゃんほしい病、早く封印しないと。
[PR]
by coconut_pudding21 | 2009-04-30 15:27 | 毎日の暮らし

アレルギー検査

先週、採血して検査してもらったアレルギーの検査の結果を聞きに行った。

どうもね、スギが終わってもすっきりしないのよ。
特に今年はひどい。

それで、ヒノキと、カモガヤと、イネ科と、ブタクサを調べてもらった。

すると、ヒノキだけ陽性。


病気の正体を知ることはいいことだ!
と、ジストニアに関してはずっと思ってた。
「精神的なものでなく、脳のどっかの機能が混乱している。」
そう考えるだけで、病気に向き合おうって気持ちになれる。


ところがだな、
アレルギーはそうじゃない。
ヒノキとわかったところで逃げられない。

ヒノキが陽性とわかった瞬間から
とめどなく鼻水が流れているよ。


ああ、認めたくなかったけれど、ヒノキ花粉症。
考えるだけで憂鬱です~。


高尾山に行って、スギもヒノキも全部切り倒してしまいたい。
でも天狗が怖いのでやめときますね。
[PR]
by coconut_pudding21 | 2009-04-16 15:53 | ぐち

知覚トリック発見

ジストニア人の特徴に知覚トリックというのがある。
ある姿勢や動作をすると、症状が一瞬消えるらしいのだが。

私にはそのトリックと言うのがなかなか見つからなかった。

それが!!

ひとつ発見したんですよ。

粉薬を量り取るとき、右手に薬匙を持ち
その右手で薬瓶のキャップを開ける。
その状態で粉薬をすくったりするのですが
薬指と小指でキャップを握っている状態だと
薬匙が使いやすいんですよ、なんとなくですがね。

じゃあ、ご飯のときもやってみるか・・・。


カレーを食べるときに
薬指と小指に福神漬けの瓶のキャップを握っておくとか(笑)。



ちょっとめんどくさいか。
[PR]
by coconut_pudding21 | 2009-04-08 15:48 | 1日1歩