手のジストニア(書痙)を持つママのプチ日記です。ジストニアの妊娠・出産・育児の続き編です。


by coconut_pudding21

お箸

ジストニアが進行する中で、お箸はわりと最後の方までOKだったんだけど
とうとう使えなくなった日にはとても悲しかったのを覚えています。

お箸と鉛筆の持ち方って、密接に関係があって
(ペン習字の先生が言っていた)
だから、お箸が持てるうちは自分は大丈夫!って言い聞かせていたんだもの。

最近は、調子がよくなってきたけれど
お箸はやっぱりうまく使えない。
子どもに食事中のマナーを教えるためにも
自分がきれいに食べられるようにしなくちゃと思うのですが。

それでも!
右手でお箸を使ってみようと思えるってことは
すごい進歩だよね。

(ずっと左手で食べてました。)

離乳食を食べさせるのに苦労していた次男も
最近は自分で食べるようになったので
私の手が曲がってうまく食べさせられないことも
今となっては、どうでもよくなってきました(笑)。
[PR]
by coconut_pudding21 | 2008-10-31 05:06 | 1日1歩