手のジストニア(書痙)を持つママのプチ日記です。ジストニアの妊娠・出産・育児の続き編です。


by coconut_pudding21

運動会の拍手

夫が保育園の役員をやっている関係で
園長先生や主任の先生とお話しする機会が増えた。

そこで言われたこと。

最近は、ビデオや写真の撮影に気を取られて
拍手や応援がとても少なく、子どもたちががっかりすることが多い。
特に今年は、例年よりもさらに。


私は手が内側に巻き込んでいるから
拍手のまねごとはできても
(まねごとは、これでもできるようになったのよ。)
手をたたく音はとても小さい。

それに、応援する声も思うように出ないことがある。
(声はジストニアじゃないって思うようにしているけど・・・)

私は、名前もよく知らない子だって応援するし
転んだら「立ちあがれー!!」って絶叫してるし
年長さんの組体操も、真剣に見ている。
(その貫禄に会場が静まり返っている。)
そして、クラスでも小さな方であるわが子のことは
「失敗しませんように」
とはらはらしながら見守っている。

だから拍手が少ないかといわれると
すごく傷つくんだよね。

先生は、親のまなざしを見ているのだろうか?

「批判することは簡単、気づくことは難しい。」
もう少しよく考えてほしい。
教育者であるならなおさら。
[PR]
by coconut_pudding21 | 2010-10-20 17:23 | ぐち