手のジストニア(書痙)を持つママのプチ日記です。ジストニアの妊娠・出産・育児の続き編です。


by coconut_pudding21

左手のジストニアを分析する

今日は診察の日。
やっと左手の治療が始まります。

先生に症状を話した。
私の先生は筋電図を使わない。
触診のみで悪さしているところを探す。

・・・

なんというか、右手よりも左手の方が症状が複雑で。
右手は手首が内側に曲がる神経がおかしいだけなのですが
左手は、
手首を内側に曲げる筋肉、
指をのばす筋肉、いわゆる伸筋系、
それと、親指を手首側に引く筋肉、
この3つをコントロールしないといけないことがわかりました。

2番目3番目の筋肉は緩めすぎると失敗する確率が高いので
今回はパスして、手首だけに効くようにしてもらった。

さてさて、どうなりますやら???

私は、処置してから1ヵ月後ぐらいがベストコンディションなので
クリスマスにはよくなっていますようにと祈っています。

サンタさん、お願い。
[PR]
by coconut_pudding21 | 2009-11-26 23:01 | 1日1歩